わたしたちのこと こだわり 仕様 道のり 施工例・オーナーの声 お問合せ・資料請求
ロハスなこだわり〜「ロハスの家」3つのコンセプト〜
 
国産の木にこだわる / エアサイクル工法(外張り断熱+α) / 素材にこだわる
 
1、国産の木にこだわる
木にまつわるお話しや埼玉県産の西川材をはじめとする国産の木へのこだわりについて紹介します。

 

国産材で家をつくると空気がきれいになる?!

現在、日本の木造住宅には使われる木材の割合は国産材が 20% で海外からの輸入材が 80% と輸入材がほとんどを占めています。これは戦後の日本の住宅ブームの流れで、輸送コストをかけても輸入材を使ったほうがより安く大量に仕入れることができたからです。その影響で日本の林業家たちが苗木を植え代々手入れし続けてきたスギやヒノキなどの国産材が売れなくなり、たくさんの林業家たちが廃業に追い込まれました。枝打ちや間伐などの手入れがされなくなった森たちはもやしの様なひょろひょろの木でぎゅうぎゅう詰めになり根元まで日光が届かず荒れ果ててしまいました。木は光合成により水を蓄えたり二酸化炭素 (Co2) を吸収する作用がありますが、手入れを怠るとこの作用を妨げるだけでなく日本人が悩まされる花粉症を引き起こす原因にもなるのです。日本の住宅に国産材が多く使用されれば、成長した木は伐り・また苗木を植える『伐る + 植える』のサイクルができ、より空気をきれいにしてくれるのです。また、輸入材の使用率を減らすことによって輸送にかかるエネルギーやコスト・温室効果ガス (Co2) の削減にもつながるのです。

木の家は長持ちする
木造住宅は鉄骨や鉄筋コンクリートの建物にくらべて寿命が短いイメージがあるとよく言われます。ですが考えてみて下さい。はるか昔 1300 年以上も前に造られた奈良の法隆寺や、築数百年にもなる神社仏閣・古民家などの木造建築物はいまだ健在です。最近では築 100 年以上たった古民家の柱や梁を新築やリフォームに再利用するなどブームにもなっています。木は使い方やさまざまな工法と組み合わせることによって長持ちするのです。あなたがつくろうとしている家だって 100 年住宅も夢じゃないかもしれませんね。
人は木に癒される

木は適度な湿度を保つ

木は空気中の湿度が高いときには水分を吸収し、逆に低いときには水分を放出する作用を持っています。
ですから室内の内装に木をたくさん使用すると部屋の湿度をほぼ一定に保ち人が感じる湿気による不快感をやわらげてくれるのです。


木は断熱性が高く衝撃をやわらげる

木には無数の細胞があって、そのひとつひとつに空気を含んでいるので断熱性が非常に高いのです。床に木の床材・タイル・コンクリートをならべて人の足の温度変化を測定すると木の床材が最も冷えなかったという結果が得られています。また、木は空気を含んだパイプ状の繊維で成り立ち、これがクッションのような役割をするので衝撃などを吸収する作用も備わっています。
ですから木を内装の床や壁に上手に使うと転倒によるケガの防止にも役立ちます。


木は目にやさしくリラクゼーション効果がある

木には私たちの身体に悪影響をもたらす紫外線を吸収する作用があり、木から反射した光には紫外線がほとんど含まれません。紫外線が少なければ目に対する刺激が少なくなるので、木は目にやさしい材料であるといえます。また、木の香りには人をリラックスさせる効果やダニの発生を抑制する効果も備わっています。
一般的に木を30%使用した室内にいると人の身体はリラックスし、さらに斬新なデザインでより多くの木を使用した室内にいるとわくわくした気持ちになります。
ある小学校では、木の内装・机・イスなどを導入したところ、物事に熱心になったり、あくびが出なくなったという調査結果が出たそうです。
人の本能は木などの自然素材に非常に忠実だということが良くわかりますね。

こだわりの木で家をつくる

埼玉で育った木

私たちの家造りは国産材を標準採用としていますが、その中でも地元埼玉産である西川材を構造材や内装材に採用しています。西川材の歴史は古く、江戸のお城や下町の建築に多く使われました。西から川をたどり運ばれてくると言うことから西川材と呼ばれるようになったと言い伝えられています。
  西川材は主に、スギ・ヒノキ・サワラなどが有名です。他の国産材に比べ成長がゆっくりなのが特徴で、年輪が細かく、密度の高い丈夫な木材として知られています。
  私たちは、この豊富な県産材を地元の林業家と提携し皆様の家造りに活用しているのです。

地元で育った木を大黒柱に

せっかく家を建てるのだから、誰でも自分だけのこだわりの家にしたいという想いがあるでしょう。その中でも『大黒柱』は皆さんが憧れるこだわりの一つだと思います。大黒柱は、専門の銘木屋さんで仕入れるのが一般的で、決して安価なものではありません。弊社ではご契約時に、お客様と弊社スタッフとで地元の山へ足を運んでいただき、お好みの木をお客様自身でお選びいただける体制をとっております。これは、自身の住いの大黒柱が何処で育ち、どんな材種で、林業家によってどれだけ大切に育てられたかを知っていただき、その価値をよく理解していただくことを目的としているのです。私たちは地元の林業家と直接手を結び余分な流通コストを省き適正な価格でお客様に提供できることを実現しているのです。

有限会社 石嶺工務店
〒350-0435 埼玉県入間郡毛呂山町下川原817-30
TEL:049-294-3299
会社概要プライバシーポリシーお問合わせ・資料請求よくある質問リンク