1、エアサイクルの特徴
エアサイクルは日本の伝統家屋に学んでいる

 

日本の伝統家屋といえば「高い縁(えん)の下」「むき出しの柱や梁」「ぶ厚い茅葺き屋根」が特徴的です。日本の気候は温暖ながら多湿です。昔の人たちはどうしたら夏の暑さをしのぐことができ、湿気に耐え長持ちする家をつくることができるかを考えました。
「高い縁の下」は風通しを良くさせ土台を湿気による腐れや害虫から守る為に、「むき出しの柱や梁」は常に風や空気に触れさせ乾燥状態を保ち長持ちさせる為に、「ぶ厚い茅葺き屋根」は太陽の熱をさえぎり暑さをしのぐための手段として考えました。


日本の伝統家屋

この様に昔の人たちは自然から家づくりに対する知恵を学んだのです。
エアサイクル工法はこの知恵からヒントを得た『外張り断熱工法』です。
最近ではこの『外張り断熱』という言葉に馴染みのある方も多いかも知れません。
エアサイクル工法の家は『外張り断熱+α』という機能で、暑さ・寒さをやわらげ、自然のちからで大切な家の構造体を長持ちさせたり、そこに住む人たちの健康を考えたパッシブソーラーハウスなのです。