3、エアサイクルのメリット
エアサイクルが目指す5つのデザイン

 

スケルトンデザイン
Skeleton Design  C長寿命

構造躯体と、内外装・設備を分けて考え、長くすみ続ける家づくり
三世代が住み続けられるスケルトンデザイン

日本は梅雨や台風などで雨が多く、常に湿気にさらされているため、住いを支える木材にとっては厳しい環境だといえます。木を湿気から守るには、動く空気に触れて乾燥させることが大切です。
「エアサイクル工法」の家では、空気が循環しているため柱や土台を乾燥したまま保つことができ、住いの長寿命化を実現し、環境に配慮すべく省資源化に貢献します。