わたしたちのこと こだわり 仕様 道のり 施工例・オーナーの声 お問合せ・資料請求
「ロハスの家」ができるまで
 

<上棟

仕上工事>
 
木工事
 

ここから大工職による木工事が始まります。
約 35 坪の建物で 60 日間くらいの工事期間が必要です。

 
木下地工事

屋根や床を支える下地木組み工事や、大地震に耐えるため筋違いや火打ち材などを柱や土台に緊結し、堅固な構造体をつくっていきます。壁や天井の中身は最終的には隠れて見えなくなってしまいますが、仕上げ工事をする上では重要なポイントになるので、大工さんも慎重です。

 
断熱工事

弊社ではエアサイクル工法 ( 外張り断熱工法 ) を標準採用としています。

特殊な断熱ボードを基礎・外壁・屋根に施工し、家全体を魔法瓶のように包み込みます。壁と屋根の断熱ボードの表面にはアルミ箔が貼ってあります。アルミ箔には熱を反射する作用があって、夏場の厳しい日差しによる熱を反射し室内空間の急激な温度上昇を緩和してくれます。

   

壁断熱ボードの内側には溝があって、土台・柱・梁の間を空気が流れるようにします。 
床下換気口から新鮮な外気を吸入し床下→壁→屋根裏へと自然の力で空気が流れ、熱せられた空気が屋根裏換気口から排出されるように空気の流れ道をつくってあげます。

有限会社 石嶺工務店
〒350-0435 埼玉県入間郡毛呂山町下川原817-30
TEL:049-294-3299
会社概要プライバシーポリシーお問合わせ・資料請求よくある質問リンク